こだわりの優勝カップ☆制作業者6選

Home > 優勝カップの情報 > 意外と知らない優勝カップについての事

意外と知らない優勝カップについての事

 様々なスポーツの大会や、社内のレクリエーション大会等で好成績を残した人に与えられる優勝カップですが、意外と知らない事も多いかと思います。
まず、一言で優勝カップといってもその中には色々な材質があります。
幼稚園等で使われるような軽量で割れる心配のない樹脂製の物や、ゴールドやシルバーが鮮やかな金属製の物、さらには圧倒的な存在感と気品あふれる天然石を使用したものまで使われる場所等に応じて様々な素材の物が提供されています。
さらに最近では、日本各地の有名な焼き物の産地の職人の手により作られた優勝カップ等のこだわりの商品も数多く存在します。
貰う人の気持ちに立って優勝カップを用意したいというニーズの高まりから、業者ごとに様々な工夫を凝らした商品を提供してくれる所も多いようです。

 また、優勝カップを貰った後にどのような保管方法をすれば良いかという事が分からないという声もよく耳にします。
特に大きくて豪華な装飾がなされているものなどは重量がある事も多いので、持ち運びの際に取っ手の部分に負担がかかり壊れてしまった、不意に落としてしまい破損してしまった等というケースも少なくないようです。
そのような事を防ぐには、移動の際には取っ手を持たず抱えるようにして移動する等丁寧に扱う事で防げる可能性があります。
また、優勝カップを入れるケースを用意してそれで保管すると劣化のスピードを抑えられます。
そうしたケースは普段は密閉度が高くホコリ等の侵入を防ぐことが出来ますし、簡単に開けてすぐに見る事も出来ます。
せっかく貰った優勝カップを破損しないようにする工夫を行いましょう。

 そうした破損をしないような保管方法と同時に、さび付きや色落ち等経年劣化のスピードを抑える方法が分からないという事も頭を悩ませがちです。
どのような素材においても有効なのが、こまめな乾拭きをする事です。
ホコリやゴミ等が付くことは優勝カップの劣化を進めますので、お手入れは定期的に行っていきましょう。
また、一般的に優勝カップに使われている事の多い真鍮や亜鉛等でメッキされている金属製の優勝カップには、金属磨き粉と呼ばれるグッズを使ったお手入れが有効です。
このようなグッズを用いて研磨すれば、ある程度の黒ずみや斑点等が付いてしまっても落とす事が可能になります。
その他、優勝カップやトロフィーの制作を行っている業者に持ち込んでメンテナンスをしてもらうという方法もあります。
様々な方法から自分に合った方法を見つけましょう。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP