こだわりの優勝カップ☆制作業者6選

Home > 優勝カップの情報 > 優勝カップを製造する時のポイント

優勝カップを製造する時のポイント

 コンペや大会などで優勝した人に贈られる優勝カップは、新たな大会を開催する時に主催団体側でどんなデザインにしたらいいのか、どれくらいのデザインとなっているのかを確認しておくことが必要です。
どれくらいの予算で大きさや素材、カラーを決めたらいいのか、確認してから作りましょう。
昨今では優勝カップの素材についてもさまざまな物があります。
真鍮製や合金製、樹脂製やガラス、陶磁器など多種多様な物がありますので、大会の種子や予算に応じて選ぶといいでしょう。
特に一般的なのは合金製で、複数存在を使った合金が存在しています。
どんな合金であれば見た目や素材の魅力を実感できるようになるのかを、判断して選んでください。
子供向けの大会の場合には軽く持ち上がる樹脂性などが魅力的です。
また、デザインに応じて素材を選ぶことも重要といわれています。

 優勝カップのデザインとして最もポピュラーなのは耳月のオーソドックスなタイプです。
見た目から優勝カップであるとわかること、更に優勝したことを実感させるタイプであることから、定番のデザインとして愛されてきました。
また、同様に定番とされているデザインの中には、フタと耳が付いたタイプも存在しています。
蓋が付いている物の場合は高級感を感じさせることができるため、大会の中でも比較的確の高い大会で使用されることが多いです。
また、大会だけではなく、参加者に合わせて同様のデザインであっても大きさを調節することが可能となっています。
大きさを調節することによって、手の小さい参加者でも持ちやすくなっているため、どのようなタイプでどんなデザインにするのかと、大きさをどうするのかは重要なポイントです。

 大会側としてどんな印象を与えたいのか、独自のデザインにしたいのかは、優勝カップを性属している店舗と相談して作ることが重要です。
特に大きなポイントとしては、大会のロゴなどを入れるのか、カップの中にメッセージカードを入れるなどの工夫をするのかです。
記念に残る優勝カップにしたいからこそ、適切に利用できる物を選ぶことが重要といわれています。
また、少しでも納得できる物を作れるように努力することも必要です。
希望を製造会社に伝え、納得できるまで話し合うことによって満足できる物を完成させられるでしょう。
もし実店舗で相談する場合には、実際に見本のカップを持たせてもらい、どれくらいの大きさがいいのか、どれくらいの費用がかかるのかを判断することが重要です。
事前にどんなものが大切なのか、ポイントを伝えてから打ち合わせをするとスムーズに進みやすいでしょう。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP