こだわりの優勝カップ☆制作業者6選

Home > 優勝カップの情報 > 優勝カップは希少性や高いデザイン力が加わると受け取る人がさらに喜ぶ

優勝カップは希少性や高いデザイン力が加わると受け取る人がさらに喜ぶ

 優勝カップの種類はとても多く、デザインや大きさもかなりの種類が制作されていて選び放題の時代です。
デザインも、複雑なものからシンプルなものまで、バリエーション豊かに取り揃えられていますから、見ているだけも楽しい商品が豊富が取り揃えてあり飽きがきません。
また、製作会社によっては、オリジナルの画像や写真を掲載してくれるところや、ちょっとしたデザイン変更などの、オーダーメイドのようなシステムを取り入れている会社もありますから、調べてみると便利です。
とにかくデザインは美しいものばかりですから、表彰とは関係なくインテリアとして購入しても見栄えがよく人気があります。
優勝カップの大まかなデザインとしては、上部にブロンドの像がついているものもあり、芸術性も豊かです。
カラーは、ノーマルな茶色の銅のカラーや、緑色の銅像もあり、大変綺麗ですが、ブロンズ像の他に、ガラスのモチーフや、スワロフスキーが設置されている商品もあります。

 また、優勝カップは、有名な彫刻家の作品を施したものもあり話題性も抜群です。
作家性が強くなるほど、希少性や価格が上がってきますから、一点物などはかなり高額になる事例があります。
さらに優勝カップの中には、純金で作成してあるものもあり、希少性も抜群ですが、普通は金のメッキや、丈夫な塗料で作成されているものがほとんどです。
けれど優勝カップの場合は特に、本物の金で作成していなくても十分対応可能ですし、経年劣化もさほど気にならないものがほとんどです。
また、優勝カップはスポーツなどの功績の記念ですから、経年変化していても風格が増し、魅力的な場合がほとんどです。
確かにリボンなどが優勝カップの下の部分に結んである場合は経年劣化する場合もありますが、すぐにリボンは取り換え可能ですし、取り換えをしなくても変色はありますがリボンの経年変化自体も美しいことが多いです。

 そして、例えば相撲などの伝統競技の場合は、大体デザインが決まっていますから、銀色のかなり大きなカップを渡される場合がほとんどです。
相撲の場合は迫力や風格が必須ですから、ある程度大きく重く作成されることがほとんどです。
また、テニスなどの球技の場合は、さほど大きなカップは使用されませんが、やはり独特の風格は必須といえます。
テニスの場合は、選手が軽く持ち上げられる大きさの場合が多く、相撲のようにとても大きいということもありません。
そして、協議の厳しい規定がない場合は、オリジナル性を高めて、自分たちで独特のアレンジを施した優勝カップを作成するのも素晴らしいです。
が、やはり珍しいデザインだと喜ばれる傾向も高くなります。
希少性が高く、オリジナル性の高いカップは人目を惹きつけますから、インテリアとしても適しています。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP