読む価値あり!リゾートバイトに特化しているサイトエントリーするならここだ! リゾートバイト専門派遣サイト比較ランキング

TOP > コラム > リゾートバイトでの住み込み生活

リゾートバイトでの住み込み生活

 住み込みのリゾートバイトは、メリットがたくさんあります。宿泊費無料、また食費補助がでる会社もあります。主に寮での生活、または旅館やホテルの客室に宿泊する2つのタイプの滞在型があります。
 寮は個室か2~3人でのシェアで、男性と女性にわけられている場所が多いです。離島などを除いて、徒歩数分などの条件が良い場所も多いです。離島などの環境では、寮は少し離れていて、自転車通勤の可能性もあります。寮によっては、団らん室があり、そこにTVやソファがあります。従業員の方や、他の派遣の仲間も利用するので、仕事後も楽しい時間を過ごせる可能性があります。
 ホテルの場合は、天候に関係なく、通勤時間が短いのが魅力です。
 寮の場合は、自炊するための簡易キッチンがありますが、旅館やホテルの客室の場合は殆どありません。客室滞在の場合は、昼と夜は弁当が支給される形態が多いです。
 テーマパークのホテルなど、大型の企業の場合は、指定の従業員食堂でボリュームのある定食を食べることも出来ます。弁当よりも、従業員食堂のほうがバランスが良い食事をとれるのでお勧めです。
 リゾートバイトは、飲食・ホテルサービスが大半を占めていて、昼から夕方にかけての中抜け休憩があります。休憩の過ごし方はそれぞれですが、仮眠をとる人や、海が近い立地の場合は休憩時間を利用して散歩へ行くことも出来ます。
 テーマパークなどのリゾートバイトでは、チケットが無料でもらえる企業もあります。


 寮の場合は、洗濯機は共同で使用します。
 客室滞在型の場合は、ホテル等の洗濯機を借りるか、宿泊者用コインランドリーを使用するのもお勧めです。寮での掃除は、管理人さんに掃除機を借りて掃除します。客室滞在では、清掃係の人に清掃してもらえるので快適に過ごせます。
 旅館・ホテル滞在型の場合は、部屋に浴室がない場合も多いですが、宿の大浴場・温泉を利用できます。原則、大浴場の利用は、お客様の利用時間終了後の23時以降等のルールが設定されている職場もあります。
 また、門限が決められている宿もありますので、仕事後の買い出しなどには注意しましょう。


 特に、大型テーマパークやホテル周辺には、大自然でショップやスーパーマーケットがない環境もありますが、従業員シャトルバスや公共交通機関で、買い出しに行くことができます。
 休日の過ごし方は、リゾート地の醍醐味として観光地に足を運んだり、自然で遊んだり有意義な過ごし方が期待できます。

次の記事へ

カテゴリー